10月 31, 2014

クラリスロマイシン200mgは感染症はもちろんのこと、副鼻腔炎などの耳鼻科領域でも利用されており、その用途は幅広くあります。 従って、病院などで処方されることも多い薬剤の一つです。 しかし、クラリスロマイシン200mgは様々なメーカーが発売しています。まずは先発メーカーが発売しているものがあり、それ以外にもジェネリック医薬品メーカーが発売しているものがあります。 先発医薬品とジェネリック医薬品では、有効成分やその量は変わりありません。何が大きく違うかといえば、薬の値段であるところの薬価です。 ジェネリック医薬品は開発費などが低く抑えられていますので、先発医薬品より安い薬価になります。 薬価は国が決めていることなので、勝手に変えることはできません。 そこで、治療の際にクラリスロマイシン200mgを使う場合には、先発医薬品とジェネリック医薬品を使う場合では治療費に違いがでることがあるのです。 先発医薬品を使うか、ジェネリック医薬品を使うかについては医師が決める場合もありますが、最近は患者が選ぶことが出来る場合が増えてきています。 もし、治療にクラリスロマイシン200mgを使う場合には、ジェネリック医薬品について相談してみるのもよい方法です。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme