9月 23, 2014

「クラリスロマイシン200mg」は、細菌などのタンパク質合成を阻害して、増殖するのを抑えることが出来る抗菌作用を持つ「抗生物質」です。 この薬は、一般感染症に対して処方されます。 具体的には、呼吸器感染症、耳鼻科領域感染症、皮膚科領域感染症など幅広い場面で用いられます。 成人の場合には、1回1錠を1日2回服用するだけです。 ただし、以前にもクラリスロマイシン200mgを服用してかゆみや発疹などのアレルギー症状が出た方、肝臓疾患・腎臓疾患・心疾患・妊娠中・授乳中・他の病気で薬を服用している方の場合には、服用前に医師に相談する必要があります。 そんなクラリスロマイシン200mgの代表的な副作用としては、腹痛・下痢・発疹・幻覚・失見当識(時間や場所、名前などが分からない)・意識障害・躁病(興奮状態)・耳鳴り・聴力の低下・嗅覚異常・口腔内びらん・歯牙変色・手足のふるえ(振戦)・しびれ・カンジタ症・動悸・筋痛などが挙げられます。 この他にも、より深刻なものとして、全身の赤みを伴う発疹や全身倦怠感なども報告されています。 このような症状が出た場合には、放って置かずに、すぐに医師に相談・報告することが大切です。 [...]
Read More »

9月 13, 2014

日々、医療業界は研究などの発展が進んでおり、その進化は進んでおり目まぐるしいです。 特に薬剤に関する分野においては、新たな新薬の開発が盛んです。 その中でも抗生物質は、新しい耐性に対応するべく進化を遂げています。 抗生物質は、細菌を殺菌するための薬です。 炎反応に対する治療に使われている薬です。 抗生物質薬のクラリスロマイシンもその一つです。 クラリスロマイシンは、マクロライド系の抗生物質の一つ、タンパク質阻害薬で静菌的に作用します。 細菌が増殖するためには、タンパク質が必要になります。 そのためにタンパク質を[...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme