ジスロマックと季節性うつ病と意味について

特に気温も下がって寒い時期の冬シーズンに発症率が高まるのが、季節性うつ病です。ウインターブルーとも言うべき 季節性うつ病は、気温が下がって過ごしやすく、快適なはずの秋から冬にかけて、心に不調を感じやすくなるのが特徴です。本来であれば、真夏の茹だるような暑さも通り越して、これから涼しくて行楽のシーズンでもあり、秋の味覚も美味しい時期なのに、心は裏腹にブルーなわけです。意味もなく心にすきま風が吹くように寂しさを感じたり、やる気がとてもなくなったりと、メンタル面でダウンしている状態です。

季節性うつ病は周期性でもある症状で、日朝時間が短くなる時期が、風のひきはじめのごとく心にもマイナスの変化をきたします。しかし延々と続くかといえばそうでもなく、太陽の日差しがいよいよ長くなるという、3月くらいの春の季節が巡ってくれば、だんだんと心も回復してくるという、一定のサイクルを繰り返します。本人にとっても、意味もなく塞ぎ勝ちになった寒い時期があったと思えば、元気になる春が来るというサイクルは、コントロールのしようがないものかもしれません。

ですが通年を通して倦怠感を感じるとか、意味もなく落ち込むということもないため、ある程度の対策はできます。お日様の光を浴びて、セロトニン物質をアップさせたりするのも良い方法です。心身ともに良いバランスを保てるようにすることです。

ジスロマックを飲もうと思ったら、自分の健康状態も考えてみましょう。ジスロマックは持続性が高い薬ですが、1回あたりにのむのは1000mgの量です。本人としても医療が弱いとわかっているなら、一気に1000mgのジスロマックを飲むのは、若干胃にとっては負担となるためです。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme