クラリスロマイシン200mgの使用方法

クラリスロマイシンはマクロライド系の抗生物質です。
クラリスロマイシンの効果は細菌のタンパク質の合成を阻害する抗菌作用があります。
呼吸器感染症、耳鼻科感染症、皮膚感染症など幅広い範囲の感染症及び、マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性抗酸菌症、レジオネラの治療に用いられています。
また、消化性潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌補助としても用いられます。
このクラリスロマイシンと同じような働きをする薬にクラビットがあります。
このクラビット効能にも、クラリスロマイシン同様、細菌のタンパク質の元になる核酸の生成を阻害し、細菌を死滅させる効果があります。
クラリスロマイシンと同じ様に咽頭炎、扁桃炎、気管支炎などの呼吸器感染、中耳炎、副鼻腔炎といった耳鼻感染症などに用いられます。
(感染症でも、細菌によるものではなくウイルス性のものではバラシクロビルなどの抗ウイルス薬が使われます)
ただ、異なる点としては、クラリスロマイシンはマクロライド系であるのに対し、クラビットはレボフロキサシンというニューキノロン系であることが挙げられます。
系統が違うため、適応菌種もそれぞれ異なります。
クラリスロマイシン200mgの使用方法としては、一般感染症の場合、成人で1回1錠、1日2回の服用となります。
非結核性抗酸菌症である場合は、成人で1回2錠、1日2回の空腹時の服用となります。
ただ、いずれの場合も疾患や年齢、症状などによって適宜増減されます。
飲み忘れた場合は、1回分をとばし次の1回分を飲むようします。
一度に2回分を飲むことは危険です。
クラリスロマイシンの副作用としては、発疹、腹痛、下痢、幻覚、しびれ、動悸、筋肉痛、低血糖など様々あります。
使用中他の薬を使う必要が生じた場合には、医師との相談が必要です。
他の薬と併用することにより、効果を強めたり、副作用が現れることがあるからです。

性病治療薬ならこのサイト:性病治療薬は通販で購入できます

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme